株トレードのスタイル

株トレードを考える上で長期的な収益を考えるか短期的な収益を狙うかはポイントになります。どちらも狙う方法もありますが投資に対しての考え方はその人の性格が出ます。投資にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。大きく分けるとファンダメンタルズは長期的でテクニカルは短期的な投資方法です。

ファンダメンタルズとは株式を発行している会社が中長期的に収益を上げるだけの体力があるかを分析して投資をする方法です。実際の純利益だったり売上高だったり会社の方針などをチェックして、今後も業績が上がっていくのを見越して株式を購入します。株トレーナーにはボーナスが出たら好きな会社の株式を買い増ししていく方もいます。長期的な利益を求めて老後は配当金だけで生活をするようなスタイルです。

テクニカルとは相場の状況など急激な取引の変動を察知して株式を取引し売買のスパンを短くして収益を得ます。会社自体の体力も大切ですが、その時の相場の状況によって取引を進めていきます。極端な例だとデイトレーダーのように1日の間で売買を終わらせて収益を確定します。どちらが有効かは一概に言えませんが、自分自身で取引をしてみるとどちらを重要視すればよいか分かってきます。